RPA 導入支援サービス

RPA 導入支援サービスの特徴

パソコン上の操作や作業をソフトウェアロボットに記憶させ、業務を自動化。人とロボットが協働する、新しい業務オペレーションによる働き方をご提案します。働き方改革を実現させるツールとしてご活用いただけます。
※RPAとは …… Robotic Process Automationの略。PC上での定型業務をソフトウェアロボットが代行すること。

  • 既存システムに手を入れずに
    自動処理が可能
  • ロボット活用による
    業務改善と生産性向上
  • 専門技術者が
    ロボット構築・導入を支援

機能紹介

▼RPAとは…動画でご紹介




▼RPA実演動画…Excel自動取込




業務の効率化

業務の効率化

膨大な情報の収集や複数システムに入力する定型業務をソフトウェアロボットが代行。処理時間を短縮でき生産性が大きく向上します。

品質確保

品質確保

人が入力・操作していた一連の作業をソフトウェアロボットが記憶。正確に実行することにより、従来発生していた人的ミスが大幅に減少します。

収益性向上

収益性向上

ソフトウェアロボットが業務を代行することでコスト削減が期待できます。さらに、業務担当者を付加価値の高い業務にシフトさせることができます。

活用例 RPA 導入支援サービス

  • 経理部門

    入力業務(伝票入力、紙媒体のデータ化):各部門から日々あげられる日報をOCR(Optical Character Recognition)機能を搭載したスキャナで読み取りし、数値をデータ化。一括集計を行います。Excelを使って毎日手入力と数値集計をしていた一連の作業をロボットが行うことで、正確性(入力ミス回避)と業務効率化(スピード化)を実現します。

  • 人事・総務部門

    人事管理手続き(入社・異動・退職等):入退社の際に必要となる雇用保険・社会保険の取得・喪失の手続きについて、これまで電子申請(Web)で手入力で行っていた作業をロボットが代行。属人化の解消と業務コスト削減を実現します。

  • 営業・マーケティング部門

    ロボットがWebサイトをクロールして必要な情報収集を代行します。

  • システム管理部門

    入社、異動の際に発生する各システムへの利用者マスタの登録・変更、各種申請書の作成作業をロボットが実行。システム運用コストの削減を実現します。

動作環境

  • OS

    Windows 8.1,10
    WindowsServer 2008 R2, 2012,2012R2, 2016
    ※32bit,64bit 対応可能
  • CPU

    2.40 GHz以上のプロセッサ推奨
  • メモリ

    2GB 以上推奨
  • HDD

    1GB以上の空き容量推奨
  • 必須ソフトウェア

    Java 8(JRE 1.8) 以上※ツール内に同梱

流通ソリューショングループ
流通営業チーム

TEL 086-227-1131FAX 086-227-5383E-mail inv-info@ml.oec-o.co.jp

pagetop